HOMEINFORMATIONBUSINESSWORKSSTAFF BLOGRECRUIT
メニュー
スタッフ日記
更新日:2011年05月22日
【韓国へいってきました】

110520_9.JPGみなさんこんにちは。
先日、仕事関係の人と計3名、4日間の日程で韓国へ行ってきました。
韓国出身のPさんが一緒だったので、一般的に知られている以外の場所やPさん出身の
地方都市も案内してもらい、とてもいい経験をさせてもらいました。

初日は夜遅くソウルに着きまして、最初に2日目の昼食の話しをさせていただきます。
ソウル市内にある、TV局の取材等でも取上げられる地元でも有名な創業40年のお店です。
看板のハングル文字の店名「立ってカルビ」食事はカルビだけで座席はなく、その名
の通り立ってカルビを食べるお店です。
“とにかく旨い! 昼間からビール飲んじゃいました。”
昼からの営業で、価格は14,000ウォン(当日のレートで約1,060円)、カルビ品切れで営業終了だそうです。
地元の年配の方・若い女性のグループといろいろな方が、ドラム缶の焼き台を囲んで
美味しそうに食べていました。

110520_1.JPG110520_2.JPG
110520_3.JPG110520_4.JPG

地下鉄で宿泊ホテルのある「東大門(トンデムン)」に戻り、近くにある大きな買い物市場へ。けっこうお腹いっぱいだったのですが、チヂミと韓国風海苔巻きを食べました。
“これがまた旨い! 苦しい・でも美味しい!”
チヂミは小麦粉をフライパンで焼いて調理するものとおもっていましたが、ここでは石臼のようなもので豆を挽いて、もやし等を混ぜて油で揚げる感じで料理していました。
カリカリの食感で美味しかったです。
海苔巻きは一口サイズに切ってあり、からしの混ぜてある醤油につけて食べます。
味噌汁とおしんこも付いていまして、いくらでも食べれちゃう感じです。
少し時間がたって夕方、地下鉄に乗って別の町に移動。「焼肉」と行列のできる「豚足」の店へ。“食べすぎです。いくらなんでも喰いすぎ”
私そして一緒に行ったT氏はもう話しもできなくなってました。

110520_5.JPG110520_6.JPG
110520_7.JPG110520_8.JPG

3日目、Pさんの地元「大田(デジョン)」へ移動です。
韓国の高速鉄道(新幹線) KTX:最高時速300km ソウル駅9:30発に乗車。
デジョンまで約160km 50分。
よその国のちょっとした鉄道旅行という感じで、私とT氏いい歳して少しワクワクしていまして、とてもいい体験ができました。

110521_1.JPG110521_2.JPG
110521_3.JPG110521_4.JPG

デジョンに一泊しまして、4日目の朝。
今回、韓国へきて一番感激したことがありました。
Pさんのお母さんが私とT氏をご自宅の朝食に招待してくださいまして、心から心から嬉しかったです。
“最高に美味しかったです。ありがとうございました。”
Pさんご家族の許可をいただきまして、韓国のご家庭の様子を撮らせていただきました。
リビングはゆったりしていまして心地よい空間でした。日本のマンションのバルコニー部分はサンルームの様な感じになっていましてサッシが設置してあります。

110521_5.JPG110521_6.JPG
110521_7.JPG110521_8.JPG

デジョンから速度の遅い特急列車で約2時間かけソウルに戻り、人気のお店で最後の夕食です。“やはり辛い・とにかく辛い・仕上げのご飯まで辛い。”
私とT氏、翌日大変なことになっていました。

110522_1.JPG110522_2.JPG
110522_3.JPG110522_4.JPG